引越し電子レンジ段ボール

引越しの際の電子レンジの段ボールへの梱包方法

引越しの際の電子レンジの段ボールへの梱包方法お勧め一括見積もりはコチラ

 

電子レンジやオーブンレンジなどはどこのご家庭にもある家電機器の1つですね。
ここでは引越し時の電子レンジの梱包方法や
段ボールへの詰め方など説明していきましょう。

 

引越し業者に引越しを依頼している場合は自力で行う必要はない

引越し業者で引越し作業を依頼している場合には電子レンジ、
スチームオーブンなどの家電機器の引越しに伴う事前の準備は特にありません。
当日引越し業者が電子レンジの梱包を行ってくれるので見ておくだけでよいのです。

 

しかし自力で引越しをする場合には、引越し業者を頼りませんので、
梱包を自力で行わなければなりません。
また業者によっては梱包をきちんとせずに運搬しようとするところもありあすので、
必ず電子レンジは段ボールなどに梱包するようにしなければなりません。

 

中のガラス皿はきちんと梱包しておこう

電子レンジやオーブンレンジを運搬中に起こる事故でもっとも多いのが、
中の回転皿が割れたり、回転皿がガラスの扉に当たって
そこが割れてしまったりすることがありあす。
ガラス製の皿が割れるだけでなく、回転皿がガラス製の扉を突き破って
出てきてしまうこともありますので、受け皿は別で梱包して
段ボールに入れるようにして下さい。

皿は新聞紙や気泡緩衝材などで梱包しておくことをおすすめします。

 

引越しの際の電子レンジの段ボールへの梱包方法お勧め一括見積もりはコチラ

 

搬出、搬入が終ったら当日に一度作業確認をしよう

中の回転皿を取り出し別に梱包し、電子レンジもしっかりと梱包するか、
段ボールに緩衝剤を詰め込んで箱詰めするかして運搬を行います。

搬入が終った時点で、きちんと電子レンジが作動するかを一度確認しておくようにしましょう。

電子レンジやスチームオーブンなどは構造によっては
内部に不具合が発生することがあります。
特に最新型の電子レンジやスチームオーブンなどの場合には、
中に精密機器や小型のコンピューターが内臓されていることもあるので
少しの衝撃に対しても故障の原因になってしまうことがあるのです。

 

精密機器は内部不具合が発生しやすいので注意が必要です。

そこで搬出の前と搬入の後にはかならず
電子レンジがちゃんと動くのか動作確認を行ってください。

 

段ボールへの梱包はなるべくしてもらうこと

引越し業者によっては電子レンジを梱包せずに
そのまま搬出、搬入するケースがあります。
しかしそれはダメ。
電子レンジをトラックに詰め込む時にキズを着けてしまうこともあります。

 

また雨の日には家電が雨に濡れてしまう危険性もあるので
段ボールへの梱包は極力行うようにして下さい。

 

引越しの際の電子レンジの段ボールへの梱包方法 お勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。