引越し 電子レンジ アース

引越し時の電子レンジのアース線の取り付け方、取り外し方

引越し時の電子レンジのアース線の取り付け方、取り外し方お勧め一括見積もりはコチラ

 

引越しに慣れていない場合、搬出、搬入の仕方、
梱包方法など分からないことだらけですね。
特にキッチン周りは食器や家電などがたくさんありますので
梱包、搬出、搬入が大変になります。

 

ここでは家電の中でも多くのご家庭が持っているであろう電子レンジ、オーブンレンジ、
スチームオーブンなどの搬出、搬入方法や梱包のやり方について考えてみましょう。

 

電子レンジは梱包してから搬出、搬入を行う

引越し時に大きな家具や家電は毛布やタオルにくるんで、
搬出、搬入を行います。
電子レンジはそれほど大きな家電ではないので
そのまま運んでも大丈夫なのでは?
と考える人がいますがそんなことはありません。

 

そのまま引越ししてしまうと電子レンジの破損にもつながる恐れがあるので
気を付けなければなりません。

 

電子レンジの引越し方法は中の金属やガラスのお皿を取り出して
別に梱包をし、外側の電子レンジもダンボールなどに入れて
搬出を行います。
また扉が搬出時に開いてしまうと大変ですので、
ガムテープなどの粘着テープで固定しておいた方が、
搬出時に扉が開く恐れもなく安心です。

 

またダンボールに入れる時には段ボールの空いたスペースには
空気入りの緩衝剤を入れておくことで振動による動きはありません。

 

電子レンジについているアース線とは?!

引越しを行う時に気を付けておきたいのが
電子レンジについているアース線です。
アース線とは電化製品についている線であり、
洗濯機やウォシュレット、電子レンジなどについています。

 

このアース線は引越しをしたら新居で新たに自分で
取り付けを行わなければなりません。
アース線は黄色や緑のカバーが付いている細い線であり
電化製品を購入すると電源と一緒に取り付けるようにと
家電の説明書にも記載されています。

 

特に冷蔵庫や洗濯機などでは水気があるところで使用する家電になります。
そのため、水が漏れたり、製品が劣化したりした時に漏電する可能性があるのです。

一般的には付けなくても問題ないとは言われていますが、
安全性を考えるとアース線をつけるようにとメーカーとしては注意を喚起しています。

漏電している家電に素手で触ってしまうと感電してしまいます。
しかしアース線を着けておけば、漏電をしても電気が地面に流れて
感電を防いでくれるので安全性は高いです。

 

アース線をつけてはいけない場所はあるの?

アース線は洗濯機、ウォシュレット、電子レンジなどについており、
故障や漏電の時に感電を防ぐ目的で付けられています。

アース線工事が義務付けられている場所もあり、湿気の多い場所、
水気のある場所ではできるだけアース線を付けるようにしてください。

 

飲食店の厨房部分、酒や醤油などの貯蔵庫、コンクリート床などは
それに該当するのでアース線を付けるようにしましょう。
また水気のある場所に関してもアース線をつけなければなりません。
水気のある場所では漏電遮断機を取り付ける必要があります。
また生鮮食品などを売るお店の作業場なども水気が飛び散りやすい場所です。
さらに土間、地下室なども結露が起きやすいスポットになっています。

 

引越し時の電子レンジのアース線の取り付け方、取り外し方お勧め一括見積もりはコチラ

 

気になるアース線のつけ方とは?!

アース線は自分で設置することができますので引越し後などは
自分でアース線の取り付けを行いましょう。

アース端子の接続に関しては電源プラグを一度コンセントから
抜いた状態で接続していきます。
アース端子のカバーマイナスドライバーで
こじ開けると金属のアースネジが見えます。
アースネジをプラスのドライバーで緩めて、左に回しておきます。
アース先端部分の皮をむいて芯線部をアース端子につなげます。
アース線をアースネジにつないだらプラスドライバーで右に回して閉めていきます。
ドライバーが回らなくなれば固定は完了。
最後にカバーをしめて作業は終了です。

 

アース線の外し方

引越しを自力で行う場合は、電子レンジのアース線も
自分で外さなければなりません。

アース線の取り外し方は簡単です。

アース線の取り付け方の逆を行えばよいのです。
アース端子のカバーを開けて、アースネジを左に向かって回していきます。
ネジが緩んだらアース線を下に引っ張るだけでOKです。

 

アース線にはいくつか種類があるの?!

アース端子はいくつかのタイプがあり、自分の家の電子レンジが
どのアースタイプなのかを事前に調べておく必要があります。
取り付け方もアース線の種類によって変わってきますので
注意が必要でしょう。
先ほどお話したアース線の取り付け方、取り外し方は
一番普及率の高いアース線のタイプとなります。

最近の建物はカバーを開けると差し込むだけで
取り付けできるようになっているものもあります。

 

アース線の取り付けを行ってくれる引越し業者もある

アース線の取り付けが自分でできないという場合は、
引越し業者で対応してくれるところもあるでしょう。
引越し業者で対応してくれれば楽ちんですし、安心感がありますね。

 

まずは引越し業者の見積もりを請求して
どこの業者がよいかを比較検討するとよいでしょう。

 

引越し時の電子レンジのアース線の取り付け方、取り外し方 お勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。